菅原精機株式会社

採用情報 RECRUIT

お客様窓口としての責任感が
大きなやり甲斐です

業務部業務課

武藤 佳与

2015年4月1日 入社

Q1.菅原精機に入社した理由を教えてください。

大学の就職支援課から菅原精機を紹介され、会社見学に参加したことがきっかけです。初めは、金型が何をするものなのかすらわかりませんでした。しかし見学を通じて大手の電子部品メーカーや製薬会社に至るまで、幅広い取引先があることを知り、ビックリしたのと同時に金型に興味を持ち始め、この仕事の可能性に惹かれました。また見学時の会社の印象が良かったことも、志望動機の一つです。何社か会社訪問するとわかるのですが、会社によっては重苦しい感じがすることも正直あります。ですが、菅原精機は社内に流れる空気が柔らかく、社員に優しい印象を受け、自分に合っていると感じました。

Q2.今の仕事のやりがいを教えてください。

業務課の仕事は、お客様の電話応対から始まります。ご依頼に応じて見積書を速やかに作成し、見積り内容にご納得いただけたら、受注手配や完成した金型の梱包作業、製品出荷までの一連の業務プロセスと事務処理をおこないます。なかでも見積作成には細心の注意が必要です。同じ金型でも材質が変わるとコストがまったく異なるため、利益に大きく影響するのです。ご依頼いただいた案件を正確かつスピーディに納品できた時に、大きなやり甲斐を感じます。ひとつひとつの案件を通じて、お客様との信頼を積み重ねていく意識を強く持ち、日々仕事に取り組んでいます。今後は経験を積んで、特定のお得意先様の窓口担当を責任を持って務められるようになりたいです。

Q3.将来の夢を教えてください。

今はとにかく、早く一人前になって、会社の戦力になりたいと考えています。仕事を一人前にこなせるようになった暁には、仕事とプライベートのどちらも充実させ、且つ上手く両立させていきたいと考えています。社会人になって仕事と向き合い、自分の生活に責任を持ちながら生きていくことは、自分自身が精神的にも成長することだと思います。

就活生へのメッセージ

世の中には本当にさまざまな会社があり、業種・職種があります。あまり最初から一つの業種業界に絞り込まずに幅広く就活した方が、可能性も広がり良いと思います。思いもかけない会社や仕事と巡り合うことが出来るかもしれません。実際に就活をしてみて、業界を自分で調べ、目で見て、体で感じて、判断することが重要だと感じました。とくに中小企業は大手企業のようには目立たないけれども、良い企業がたくさんあります。自分に合う会社に巡り合えることを信じて、諦めずに頑張ってください。