菅原精機株式会社

サービス SERVICE

新潮流の担い手として
ものづくりのポテンシャルを追求します

私たちは「粉体成形用超硬精密金型」と「ロータリープレス」を製作しています。お客さまの製品が、いつも最高品質でかつ高い生産性が得られるよう、金型およびロータリープレスの最適なソリューションをご提供いたします。

ミクロン精度の金型づくり

粉体成形用の金型づくりは電子部品産業とともに成長し、私たちは超硬合金の精密加工が難しい時代からお客さまのご要望にお応えしてきました。時代の流れとともに、お客さまのニーズは手のひらよりも小さなサイズの金型で占められるようになり、小型金型の専門性は一気に高まり、技術の高度化が進みました。
今では高精度な工作機械と加工技術を自在に駆使し、手仕上げ磨きの職人技を組み合わせることで、加工が難しい超硬精密金型の独自製造工法を構築しています。

組織で金型をつくる

特定の優れた職人の技量に依存する金型製作体制ではなく、それぞれの加工技術や部門ごとに、秀でた技術者を育成しています。
“組織による金型づくり”体制に注力し、お客さまに安心してお取り引きいただける信頼性を築いています。

トップレベルの品質管理とサポート

最新の3次元測定器をはじめとする各種測定機器設備や、経験豊富なスタッフによる万全の品質管理体制は、新しい金型の出荷品質のみならず、ご使用中の金型の保守対応にも力を発揮しています。
お客さまの金型に責任を持ち、しっかりとサポートする体制は私たちの強みです。


CRAFTMANSHIP

先進の多連型金型で生産性を革新

金型が小型化するなかで生まれたのが、金型の余剰スペースを有効活用した成型部の“多数個取り構造”と、プレス機への“取り付け補助機構”の組み合わせによる独創的な仕組みです。現在、取り組んでいる“超小型”の多数個取り構造の金型は、「極小多連金型」という、金型の新しいカテゴリーです。私たちはその付加価値を高めることで、産業界のさらなる発展に寄与します。